Site Overlay

営業時期に波がある?営業代行で繁忙期をカバーしよう!


業種や商材によっては繁忙期の営業が悩みになる

営業活動は売上を増やすために欠かせないものですが、年間を通して同じペースで営業を続けるのがベストとは限りません。業種や商材によっては繁忙期と閑散期があり、繁忙期に営業活動を積極的におこなうことが重要なこともよくあります。例えば、アイスを商材として重視している企業では冬よりも夏の営業活動が重要になります。暖房器具の制作会社なら秋から冬にかけての期間が商戦の真っ只中になるでしょう。このような繁忙期には営業を活性化して積極的なアプローチをかけるのが重要です。ただ、閑散期にも繁忙期と同じスタッフを雇ってしまうと人件費がかさむのが問題になります。このような営業の悩みを解決する手段として有効なのが営業代行の利用です。

営業代行は一時的な対応も可能

営業時期に波がある場合には、閑散期をベースにして人材を雇用しておき、繁忙期には営業代行を活用しましょう。営業代行は年単位の長い契約でなくても対応してくれます。数日という単位では成果につながらない場合も多いですが、数週間単位では期待を持てるでしょう。営業代行業者としても数日では効果的な営業をおこなうのが難しいため、少なくとも一ヶ月くらいの契約を考えています。繁忙期に特化して営業代行を依頼するのは比較的容易と言えるでしょう。希望すればゴールデンウィークだけ、年末年始だけといった形での契約も可能です。繁忙期をカバーする手段としての活用範囲は広いので、まずは業者に相談を持ち掛けてみましょう。

営業代行とは、企業の営業活動を代わりに実施してくれるサービスのことです。飛び込み営業や商材紹介以外に、訪問先リストの作成やテレアポはもちろん、顧客分析やコンサルティングを行うサービスもあります。