Site Overlay

太陽光発電を導入するメリットとデメリットは?


太陽光発電を導入するメリット

太陽光発電を導入するメリットにはどんなものがあるでしょうか。まず第一に上げられるのはやはり電気代の節約でしょう。住宅に取り付けた場合、もちろん自宅の太陽光発電システムで発電した電力を家庭で使用できるため、自宅での電気代を減らせます。特に夜間の使用料が安くなるプランと組み合わせたり、蓄電池を利用して昼間の良い天気のうちに溜め込むことで、電力のマネジメントを行えます。それにより、効率よく電力を消費することで家計の負担を減らせるでしょう。

また、余った電気を買い取ってもらうことも可能です。ただし買い取ってもらえるのは10kW未満の住宅用太陽光発電の場合ですと、自宅で消費した後の過剰分が対象となるので注意しましょう。

太陽光発電を導入するデメリット

逆に太陽光発電を導入するデメリットは、やはりメンテナンス費用が高くつくという点でしょう。一度設置すれば、あとはメンテいらずということはもちろん無く、地面に設置した場合は定期的な草刈りなどでパネルに伸びた雑草の影が掛からぬようにすると言った事が求められます。また、台風などによってパネルが破損した場合などに対しても、保険などに加入していた場合はそれで対応できますが、していなかった場合はもちろん実費が掛かるので注意しましょう。

また、太陽光パネルを設置すれば、備蓄が自由に出来るというわけではありません。災害に備えておきたい、省エネ用に導入したいという考えならば、蓄電池が必要となり、より費用が掛かるという事は覚えておきましょう。

太陽光発電の価格は設置時の1kw単価が20万円程度が妥当と言われています。地域により価格差があるので、一括見積もりサイトで見積もりを取るのをおすすめします。